車買取業者よりも掃除の重要度が高いオークション

車買取業者よりも掃除の重要度が高いオークション

車の売却金額に関わる要素の1つに、綺麗な状態か否かという点があります。やはり見た目が汚れてしまっているような車の場合は、売却額は下がる傾向がありますね。

 

このため車買取の業者に査定を依頼する前に、できれば掃除をしておいた方が良いというセオリーがあります。その方が印象も良くなるからです。
ただここで1つ覚えておいた方が良い点は、それで劇的に金額アップが発生するという訳でもありません。確かに金額はアップする可能性は高いですが、大幅アップが望める訳でも無いそうです。それよりも、むしろ年式や走行距離などの方が重視される傾向があるようですね

 

ところで車の売却方法は、買取業者だけではありません。オークションに売却をするというやり方もありますね。

 

その方法で売却するのであれば、掃除は大事だと思います。それは、車の落札検討者の目線で考えれば分かると思います。

 

そもそも車の落札検討者からすれば、やはりオークションの画像データが判断材料になってくるでしょう。出品されている車Aの画像からは、「衛生状態に問題がありそう」という雰囲気が感じられるとします。そして車Bの場合は、画像から「内部は新品同様でピカピカ」だとしましょう。どちらの方が落札検討者に対する印象が良いかと言われれば、やはり後者になるでしょう。オークションでは画像の重要度がかなり高いため、内部の衛生状態などはかなり大事なポイントになると思いますね。
ラパン 買い取り

 

ですのでネットオークションでの売却は、車の買取業者に対する売却よりも掃除の重要度が高いと思うのです。買取り業者に売却する際には、正直必ずしも掃除をする必要はないとも思います。しかしオークションに出品をするのであれば、掃除はほぼ必須だと思いますね。

 

このように車の売却方法により、掃除の重要度が異なるという訳ですね。掃除をしなくても売却できる可能性がある事を考えれば、オークションよりは買取り業者の方が手間が少ないかと個人的には思います。