車の売却件数と地域との関係

車の売却件数と地域との関係

自動車の買取件数は、都道府県との関連性が強いです。結論から言えば、車の保有率が高いエリアは買取数は少なくなると思います。その逆に、保有率が少ない地域は売却率が高くなるでしょう。

 

そもそも都心部などでは、あまり車が必要無いという意見があります。なぜなら都心部では、電車網が非常に発達していますね。現に数十年間東京に住んでいる方の中には、車を持っていない方もいらっしゃいます。その方によると、なくても全く問題無いと感じているようです。このため郊外の地域から都心部に引越してきている方などは、しばしば車の売却を行っています。今までは車が必要だったものの、都心部が便利なのでそれが不要と感じている方もいらっしゃるからですね。

 

では具体的にはどの県で車の保有率が少ないかというと、まず東京や大阪あたりです。東京は1世帯につき0.5台前後で、大阪の場合は0.7台前後と言われています。全国に比べると遥かに低い数字なので、その地域は車が無くても特に不自由しないのでしょう。また神奈川県と京都府も、その台数が少ないですね。それぞれ0.7台程度と、0.8台前後という状況です。したがって東京と大阪と神奈川と京都という4つのエリアは、車の買取件数もかなり高いと推理できます。

 

逆に1世帯あたりの車の保有台数が多い地域もあります。福井と富山と群馬あたりは、かなりその数字が高いですね。福井と富山は1.7台前後ですし、山形エリアの場合もほぼ同じくらいです。ですのでそれらの地域の場合は、逆に車の売却件数がかなり少ないと推理できますね。
エクストレイル 買取

 

考えてみれば神奈川エリアなどは、確かに車の買取業者の数が非常に多いですね。大阪もまた非常に多いですが。地域と車の買取数は、非常に大きな関係があると思います。